コラム > STAFF > 8 FASHION KEY WORDS この春夏に注目のファッションキーワード(1/2)

8 FASHION KEY WORDS この春夏に注目のファッションキーワード(1/2)

先日の「第4回 IEDITファッショントレンドセミナー」のレポートに続き、当日のセミナー内容を詳しくご紹介をさせていただきます。第1部では、ファッションコーディネーター小森 美穂子さんに登壇をいただき、「8 FASHION KEYWORDS」として、この春夏の注目ファションキーワードを解説いただきました。今回ははじめの3つのキーワードについて、紹介をさせていただきます。

1:ゆったりトレンチ

ここ何年か、春の定番として案内のあるトレンチ。もともとはイギリスの軍服がもともと。そんな定番、トレンチコートにも毎年デザイン変化があります。
今年らしいデザインは少しシンプルで、ゆったりとしたシルエットと生地感が特徴。ボタンや肩章が省略された身ごろや、バックルや穴通しがなくガウンのような共布ベルトのデザインになるなど、シンプルなデザインになっています。
昨年の秋冬に流行したロングカーデやさっと羽織れるガウンコートなどのデザインから、「はおる」感覚のものがこの春夏も流行。定番デザインのトレンチをお手持ちの場合も、ニットカーデやジャケット感覚で「さっとはおって」着こなすのがおすすめです。
その際も、腕まくりするなど、こなれた感じで軽く着こなすのがオススメ。

2:ボーダーTシャツ

みんな持っているボーダーTシャツ。細めでピッチが詰まり気味のボートネックがのデザインが定番ですが、それ以外にも、衿の形、ピッチの具合など、いろいろなタイプがあります。今年はさまざまな色を組み合わせたマルチカラーよりも、白×黒や白×ブルー、白×ネイビーなど、ベーシックかつはっきりとした配色のものがおすすめです。
おすすめの着こなしは、シンプルなボーダーTにノーカラーのジャケットを合わせ、ジャケットの袖をまくるコーディネート。ジャケットの袖をまくってボーダーの柄を見せることで、こなれ感を増したコーディネートになります。

3:デニム

この春夏は、すそが切りっぱなしになっている、いわゆる「カットオフデニム」がトレンドのデザイン。ダメージデニムなども引き続き人気ですが、大人っぽさと今年らしさを取り入れて着こなすなら、カットオフの雰囲気がおすすめです。
フルレングスももちろんおすすめですが、さらにもう一歩今年らしさを取り入れるなら、クロップド丈のカットオフがおすすめ。また、ガウチョタイプのワイドデニムもぜひ試してほしいアイテム。ガウチョタイプのものは大人の女性でも着やすく、意外と何にでも合わせやすいのが特徴。楽な着心地もうれしい一本です。
パンツが苦手な方でも、スカートでカットオフデザインのものも今年は多く出ています。カットオフにプラスして、色の濃淡を切り替えたデニムなどもあります。今年デニムを買うなら、ぜひカットオフタイプのものを選んでいただきたいですね。

4〜8番目の春夏トレンドのファッションキーワードは後編の2回目のレポートでご紹介させていただきます。お買い物の際にも、ぜひ注目のトレンドキーワードを意識してみてくださいね。

今回からはNiau[ニアウ]メールマガジン登録者のご優待席も

毎回好評のイベントのため、抽選にてご招待をさせていただいております。いつもNiau[ニアウ]をご覧いただいている方にお席をご用意したい! という思いから、今回よりNiau[ニアウ]メールマガジン登録者の特別席をご用意させていただきました。まだ登録されていない方は、この機会にぜひご登録ください。

PROFILE

PROFILE

スタイリスト小森 美穂子

ファッションディレクター、コーディネーター。ファッションブランドへのさまざまな企画を提供するコンサルタント。海外の生地展取材やコレクション情報分析、セレクトショップやアパレルの企画コンサルタントなどさまざまな業務を行う。中でもヒットカラー提案や素材の企画に定評がある。

COLUMN新着一覧

コーデ情報や最新トレンドのファッション情報はfacebookやメールマガジンなどでもお届けしています。