コラム > おすすめトレンド情報 > この秋冬マスト!30代40代におすすめする トレンドコーディネート総まとめ!

この秋冬マスト!30代40代におすすめする トレンドコーディネート総まとめ!

この秋冬のトレンド情報

8月末になると秋めいてきて、そろそろ秋のお洋服が気になるころ。この秋のトレンドとともに、絶対使えるアイテムと、大人だからこその着こなし術を紹介します。

ロマンティックが一つのキーワードになる2019秋冬

レースや刺繍など、ロマンティックな雰囲気が今季のトレンド。今季はスイートで女性らしいものよりも、芯の強い女性をほうふつさせる、ブラックなどのダークトーンにレースや刺しゅうが入ったものが特におすすめです。


気負わず着られるシックなレースブラウス

ロマンティックなアイテムになれていない人でも気負わず着られるシックな黒のレースブラウス。2種類のレースを衿もとと袖に使用したヴィンテージ感たっぷりなアイテムは、ナチュラルにまとめるよりも、こなれた雰囲気に仕上げるのが今季のトレンド。シックな長めのスカートにブーツを合わせて、クラス感を上げた大人の着こなしに。

アヴェクモワ レースブラウス〈ブラック〉

サテンのプリーツとチュールがモードなレイヤードスカートセット

サテン地のプリーツスカートとチュールのスカートがセットになったモードな雰囲気のレイヤードアイテムは、はくだけで大人のロマンティックスタイルを叶えます。そのままコーデに取り入れるのはもちろん、それぞれ単品で楽しめるのもポイント。旬のプリーツはシンプルに、繊細なドット柄のチュールはデニムや他のスカートに重ねて艶っぽくはきこなして。シューズを選ばない丈感なので、ブーツやパンプスなどシーンに合わせたコーデを楽しんで。

MEDE19F レイヤードスカートセット〈ブラック×ブルーグリーン〉

アウターはこちら

シックなカラーが大人っぽい印象の総レースのロングワンピース

大きめの花柄レースでも甘さを抑えたロングワンピースなら大人っぽい印象に。詰まりぎみの衿ぐりや、はしごレースを使用した切り替えのデザインが総レースをモードに調整。お気に入りのシューズやバッグと合わせて気負わずさらりと着こなすのがポイントです。あえてミリタリーっぽいアウターと合わせても◎。

IEDIT[イディット] ラグジュアリーな総レースロングワンピース〈ブラック〉

シックなブラックがコーデを格上げするレーストップス

シンプルなボディの胸もとや袖にゴージャスなレースがあしらわれた好バランスなトップスは、シックなブラックがコーデをエレガントな大人の着こなしに格上げ。着まわし力があり、いつものボトムスに合わせるだけで華やぎ感がアップします。

リブ イン コンフォート 着るだけでパッと大人の華やぎ ブラックレースプルオーバーの会

キルト素材やパッチワークが今季の素材キーワード。

アイテムを選ぶときに参考にしたいのがキルト素材やパッチワークのアイテム。実際にパッチワークになっていなくても、プリントなどで柄同士が組み合わせてあるアイテムも◎


スナフキンのシルエットが隠れているキルティングスカート

フレアーシルエットがきれいなキルティングスカートは、ハリのある生地によく見るとスナフキンのシルエットが隠れている遊び心たっぷりなデザイン。シックな黒なのでガーリーになりすぎない着こなしができます。お出かけにはボアブルゾンなどショート丈のアウターを合わせるのがおすすめ。ボリュームがあってもバランス◎で、大人っぽい雰囲気に仕上がります。

スナフキン くるっと回りたくなるキルティングスカート

アウターはこちら

ペーズリー、小花、幾何学の3つの柄を組み合わせたプリーツスカート

ペイズリー、小花、幾何学の3つの柄が揺れる旬のロングプリーツスカート。パネルプリント仕様でパッチワーク風に仕上げた一枚は、コーデが重くなりがちな寒い季節をドラマチックに演出。シンプルトップスを合わせるだけで今季らしい着こなしに。足首がちらっと見えるロング丈なので、足もとはすっきりとしたパンプスで抜け感を楽しんで。

IEDIT[イディット] オリジナルプリントを組み合わせた ドラマチックなパネル柄 ロングプリーツスカート〈グレー〉

トップスはこちら

カジュアルだけど大人の雰囲気もあるフード付きのキルトコート

漆黒のフード付きキルトコートは、シリーズ化されるほど毎年人気のアイテム。キルトがトレンドの今年こそおすすめです。カジュアルな中にも落ち着いた大人の雰囲気が魅力で、ほどよい丈感とすっきりとしたシルエットは、旬のロングスカートとの相性も◎。シンプルだからこそ、上質な大人の着こなしを楽しんで。ちらっと見える裏地のギンガム生地もポイントに。

SUNNY CLOUDS 漆黒のキルトコート〈レディース〉

ボトムスはこちら

小花柄がプリントされたパッチワークキルト風の華やかなコート

4種類の小花柄がランダムにプリントされたパッチワーク風キルトジャケット。プリントがパッチワークに見えるようにステッチをかけた個性的な一着は、落ち着いたトーンの寒色系カラーが地味になりがちな冬コーデをほどよく華やかに演出。相性のいいデニムなど、いつものスタイルに加えて鮮度を上げて。

SUNNY CLOUDS パッチワーク風キルトジャケット〈レディース〉

ボトムスはこちら

大人っぽいシックなワークスタイルやミリタリースタイルが見逃せない

秋冬のトレンドで外せないのがミリタリーやワークというワード。昨年もMA-1やフライジャケットなどがはやりましたが、今年もそういった大人っぽいシックなミリタリースタイルがトレンドに。


はおるだけでこなれた印象になれるロング丈のモッズ風コート

春のトレンド、ショート丈マウンテンジャケットをアレンジしたロング丈のモッズ風コート。トレンドのドロップショルダーと背面の大きめアンブレラヨークがはおるだけでこなれた印象に。カジュアルな中にも大人の女性らしさが際立つAラインロング丈は、ウエストのドローコードでシルエットの変化を楽しんで。カジュアルだけでなく、きれいめスタイルにもよく合う一着。小さめの華奢なショルダーも好相性。バッグや靴で女性らしさをプラスすると、コーデのバランスがアップ。

アヴェクモワ ロングモッズコート〈カーキ〉

ワンピースはこちら

ヴィンテージ感のある大人っぽいアノラックパーカー

今季トレンドのアノラックパーカーは、大人っぽく着こなすならヴィンテージ感が漂う一着がおすすめ。ハリとマットな光沢のあるナイロンコットン素材と衿高のデザインが、華奢で女性らしいフォルムを演出してくれるので、カジュアルすぎず、上品な着こなしに。すそや袖口のしぼり具合で、シルエットを調節できるのも◎。こちらもトレンドの艶感のあるプリーツスカートを合わせて、女性らしさをプラス。

MEDE19F オーバーサイズアノラック〈ベージュ〉

ボトムスはこちら

トレンド感のあるオーバーサイズシルエットのフライトモッズコート

フライトジャケットとモッズコートを組み合わせたデザインのフライトモッズコートは、トレンドのドロップショルダーとパフスリーブがポイント。ボーイッシュなワークスタイルにほんのり女性らしさが漂います。オーバーサイズなシルエットとこだわりのディテールで、ワンランク上の大人のカジュアルスタイルを楽しんで。ワントーンコーデできっちりまとめて、小物で遊ぶとかわいい。

SUNNY CLOUDS フライトモッズコート〈レディース〉

ワンピースはこちら

引き続きトレンドのロング丈。ワンピもいいけど、今年は「マキシ丈スカート」で

ロング丈は今回も引き続きトレンド。特に今回はスカートのロング丈に注目。プリーツやボックスシルエット、ワークタイプのフレアーなど、どのタイプもおすすめですが、特におすすめはプリーツ。トレンドのロマンティックさが際立ちます。プリーツを選ぶときは、こちらもトレンドであるサテンっぽいつや感のある素材のものが◎


ペーズリー、小花、幾何学の3つの柄を組み合わせたプリーツスカート

ペイズリー、小花、幾何学の3つの柄が揺れる印象的なロングプリーツスカートは、丈感、素材、タイプともに旬の要素が組み合わさったアイテム。シンプルなトップスに合わせるだけで今季らしいコーデの完成です。すそに向かって徐々にプリーツ幅が広がって見える流れるようなシルエットも注目したいポイント。動くたびにマキシ丈のすそからちらっと見える足もとには、すっきりとしたパンプスを合わせて適度な抜け感をプラスして。

IEDIT[イディット] オリジナルプリントを組み合わせた ドラマチックなパネル柄 ロングプリーツスカート〈グレー〉

トップスはこちら

シルエットがきれいなマキシ丈のプリーツスカート

細やかなプリーツが上品なマキシ丈スカートは、歩くたびに優雅に揺れるシルエットが特徴。すそにかけて徐々に大きくなる技ありプリーツで、大人の女性のコーデを引き立てます。トレンドカラーのくすみ色ニットを合わせて、トップスはシンプルに。すっきりきれいに着こなせます。

IEDIT[イディット] 斜めストライプ織り柄サテンのプリーツロングスカート〈アイボリーベージュ〉

カーディガンはこちら

サテンのプリーツとチュールがモードなレイヤードスカートセット

先ほども紹介したこちら。落ち着いたブルーグリーンのサテン地のプリーツスカートにチュールのスカートがセットになっていて、一着にトレンドをぎゅっと詰め込んだアイテムです。女性らしいイメージの強いプリーツロングスカートは、オーバーサイズ気味のジャケットと好相性。甘くなりすぎないコーデを楽しんで。

MEDE19F レイヤードスカートセット〈ブラック×ブルーグリーン〉

アウターはこちら

ボリューム袖で、ロマンティックを加速!

初めに紹介したロマンティックというワードにもつながりますが、トップスは「ボリューム袖」のものがおすすめ。今季はひとことにボリュームスリーブといっても、シンプルにタックの入ったものから、プリーツでゴージャスなものまで種類が豊富。これ!というものと出会えるはず。


ボリュームスリーブが旬な着こなしを演出してくれるワンピース

ふだん着からおしゃれ着まで幅広く着こなせるカシュクール仕立てのワンピース。存在感のあるボリュームスリーブは、一枚で旬の着こなしに。袖口のゴムでボリューム感をアレンジすれば、同じワンピースでもコーデの変化を楽しめます。しなやかで上質な落ち感は、タイツやタートルと合わせたレイヤードスタイルも◎。ロングシーズン活躍できるアイテムです。カジュアルに楽しむなら、レギンス+バブーシュが正解。

アヴェクモワ ドレープデザインワンピース〈ベージュ〉

ほどよいボリューム袖がポイントになるコットンのブラウス

シンプルながらほどよいボリューム袖が着こなしのポイントになるブラウス。しなやかで張りのあるコットン生地なので、繊細なギャザーに仕上がっています。旬のボリュームボトムスを合わせれば清潔感のある大人のロマンティックスタイルに。足もとはトレンドのヒョウ柄のフラットシューズでピリリと。すっきりとバランスよくまとめてみて。

アヴェクモワ ギャザーブラウス〈白〉

ボトムスはこちら

気負わず着られるシックなレースブラウス

女性らしい印象のレーストップスは、袖にもボリュームがありトレンド感たっぷり。ワイドデニムに合わせるとそれだけで今っぽい印象に。ラフになりすぎないよう、ピリリと柄の効いたパンプスを足もとに取り入れてみて。

アヴェクモワ レースブラウス〈ブラック〉

ボトムスはこちら

風船みたいな袖が優雅なグレーのサックドレス

バルーンシルエットでふっくらとボリュームのある袖口が優雅なサックドレスは、ニュートラルなグレーを選べばすっきりとした印象に。ドロップショルダーとボリュームスリーブが作る旬のシルエットは一枚でさらりと着こなすのはもちろん、ワイドパンツを合わせても◎。カジュアルに着こなす時は、足もとを崩すのがおすすめ

アヴェクモワ 風船袖のサックドレス〈グレー〉

ボトムスはこちら

ボリュームスリーブとドロップショルダーがレトロな雰囲気のトラッドチェックのコート

トラッドチェックのコートもボリュームスリーブとノーカラーでほんのり大人のかわいさが漂うレトロな雰囲気に。ゆったりとした肩幅のドロップショルダーに、身ごろをすそまで落とした四角いデザインが、懐かしさの中に新鮮さを感じさせます。インにゆったりとしたワイドパンツやロングスカートを合わせて旬のシルエットを作るのが今季のおすすめ。かっちりとした小物でよりレトロ感たっぷりなコーデに。

SUNNY CLOUDS トラッドチェックのコート〈レディース〉

ボトムスはこちら

コートを買うなら「ロング丈」!トレンドと体型カバーもかなえる

今年コートを買い足すならロング丈がおすすめ。ロング丈コート、旬なだけでなく、シュッとしたIラインを強調してくれるので、体型カバーしてくれるのもうれしいポイントです。トレンドのミリタリーっぽいものや、ハイウエスト気味にウエストマークして旬のレトロ感ある装いができるアイテムも。


立体的なシルエットが美しいロング丈のブラックトレンチコート

定番のトレンチコートも今季は洗練された印象の黒のロング丈を選ぶのがおすすめ。グログラン素材のハリ感と切り替えのデザインが立体的な美しいシルエットを生み出し、ロング丈でも重くならない今年らしい表情に。旬のロングボトムスとの相性も◎。モノトーンベースでシックなコーデにまとめて。

IEDIT[イディット] t.yamai×IEDITコラボ ブラックトレンチコート

ボトムスはこちら

はおりものとしても着まわせる黒のロングシャツワンピース

糸から染め上げた独特な雰囲気の黒のロングシャツワンピースは、はおりものとしても重宝するすぐれもの。深いタックの入った前身ごろと、ウエスト切り替えではなくヨーク部分でタックを入れた後ろ身ごろが、コートのようなシルエットを作ります。秋には薄手のはおりものとして、寒い季節にはそのまま上からコートを重ねて、長い季節着まわせる便利なアイテムです。くすみイエローを差し色にして、今年らしいコーデに。

サニークラウズ feat. Shuttle Notes シャトルの魔女ワンピース〈レディース〉

インナートップスはこちら

ボトムスはこちら

トレンド感のあるオーバーサイズシルエットのフライトモッズコート

トレンドのドロップショルダーと背面の大きめアンブレラヨークがはおるだけでこなれた印象に仕上がるモッズ風コート。カジュアルな中にも大人の女性らしさが際立つAラインロング丈は、ウエストのドローコードでシルエットの変化を楽しめるのもポイント。カジュアルだけでなく、きれいめスタイルにもよく合う一着。ロング丈のシャツを合わせて、ロング丈×ロング丈のコーデも素敵。

アヴェクモワ ロングモッズコート〈カーキ〉

ワンピースはこちら

どんなボトムスとも好相性なレトロモダンな黒のコクーンコート

魔女をイメージしたレトロモダンなデザインの黒のコクーンコート。縮絨ニットなら、はおるだけで上質な大人の雰囲気に。すらりと伸びるロング丈は、どんなボトムスとも相性がよく、気になる体型カバーもかなえてくれます。ベレー帽やレースアップブーツなどを合わせて、レトロな雰囲気に仕上げれば、旬感香るコーデに。

SUNNY CLOUDS 魔女のコクーンコート〈レディース〉

ボトムスはこちら

シャトルノーツのウール生地を使ったブロックチェックのAラインコート

シャトルノーツの軽くてやわらかい縮絨ウール生地を使ったテーラードカラーのAラインコート。総丈よりも広いすそ幅のワイドなシルエットが、着ると自然なドレープを作り出し、360度どこから見てもかわいいシルエットに仕上がります。ふんわり広がるコートのすそから明るいトーンのワンピースやロングスカートなどをチラッとのぞかせて、差し色を楽しむコーデもおすすめ。パンツとの相性も◎。

SUNNY CLOUDS kazumiのブロックチェックコート〈レディース〉

ワンピースはこちら

裏フリースで長い季節着まわせるロング丈のタイロッケンコートのコーデ

トレンチコートの原型と言われる注目のタイロッケンコートを軽やかなコットンナイロン素材で作った裏フリース付きの人気の一着。ひざ下まですっぽりとカバーできるロング丈は、はおるだけで旬の着こなしが完成。秋口から春先まで3シーズン着まわせるのも人気のポイント。さらっとはおってウエストをベルトでしぼれば、こなれ感漂う女性らしいコーデに。カジュアルにもきれいめにもよく合うデザインです。

リブ イン コンフォート サッとはおれてロングシーblankズン使える 裏フリースベルトコート〈キャラメルブラウン〉

2019秋冬のトレンドカラー!「くすみパープル」や「くすみピンク」に代表するくすみカラーに注目!

今季のトレンドは、もやがかったような「くすみカラー」。昨年の秋冬は鮮やかなレッドやブルーなどがトレンドでしたが、今年はくすんだ色がトレンドに。例えばレッドなら淡いボルドーやワインなどを選ぶ方がぐっと今年らしくなります。特におすすめしたいのが「パープル」。青っぽい、赤っぽい、くすみが強い、弱いでいろんなニュアンスカラーが豊富。パープル初心者さんなら、ラベンダーっぽいくすみパープルがあると◎!


トレンドカラーのパープル、初心者におすすめのラベンダーを使ったコーデ

ゆるっと着られる今年っぽいシルエットのトップスも、旬のくすみカラーを選ぶとより鮮度の高いコーデに。特徴的なボリュームスリーブのスウェットも、ラベンダーっぽいくすんだパープルならカジュアル度を抑えた大人な印象に仕上がります。ほどよい抜け感のワイドパンツを合わせて旬のシルエットを楽しんで。

アヴェクモワ ボリュームスリーブトレーナー〈ラベンダー〉

ボトムスはこちら

くすみピンクのニットにトレンドのプリーツスカートを合わせたコーデ

旬のボトムスに合わせたいシンプルニットもくすみカラーを意識すればより今年っぽいコーデに仕上がります。モーヴピンクの2-WAYニットは、前後どちらも着られて一枚あれば便利なアイテム。なじみやすいカラーなので、いつものコーデに取り入れやすいのもポイント。先ほどご紹介したマキシスカートと合わせて、女性らしいコーデに。

IEDIT[イディット] 前後2-WAYで着られる Vネックニットカーディガン〈モーブピンク〉

ボトムスはこちら

旬のロマンティックなマキシ丈ドレスもワインレッドで今年らしい印象に。ティアードをたっぷり入れたふわっとしたシルエットは、落ち感のあるコットン素材なので、日常使いにも◎。ハイウエストでマークするタッセル付きコードや、パフスリーブなどトレンドの詰まった一着です。

IEDIT[イディット] キャミソールドレス付き 多連ボタンボリュームティアード マキシドレス〈ワイン〉

くすみカラーやレースアイテムなど、少し取り入れるだけでぐっと今年らしくなれるトレンドアイテム。すべてをチェックしたい方は、ファッショントレンドアイテム一覧をチェックしてみてくださいね。自分らしくトレンドを取り入れて、秋冬のファッションを楽しみましょう。

COLUMN新着一覧

コーデ情報や最新トレンドのファッション情報はfacebookやメールマガジンなどでもお届けしています。