コラム > イディット旅部 > 【日帰り・京都美山】まるでタイムトリップ!かやぶきの景色にいやされながらプチ散策。

【日帰り・京都美山】まるでタイムトリップ!かやぶきの景色にいやされながらプチ散策。

年齢も属性もバラバラな、個性豊かな旅好きイディットスタッフたちが、それぞれ楽しんできた旅のあれこれをレポートします。

【この旅のキーワード】
#日帰り #京都 #6月 #ドライブ #散策 #1万円以内 #フォト #自然 #わんこ

みなさま、こんにちは。IEDITスタッフのCと申します。
今日ご紹介するのは、仲良しの旅友達とこれまでにも何度か訪れている、京都のまんなかあたり・美山(みやま)町の「かやぶきの里」。
その名のとおり、かやぶき屋根の民家がいくつも現存する、なんだか懐かしくてほっとするような場所です。

520xIMG_4238.jpg

520xIMG_0881.jpg

520xIMG_2045.jpg

今回訪れたのは、6月のはじめの梅雨の晴れ間。春から夏にかけては、色とりどりの野花や青々とした田んぼ、
秋には実った稲穂の向こうにかやぶきのおうちの景色が広がります。
(まだ雪の季節に来たことはないのですが、それはきっと、美しいことでしょう。。。。。。)

京都駅で待ち合わせて、駅でドライブ用のおやつを仕入れ、レンタカーでいざ出発。
北に向かって車を走らせると、高雄のあたりは少しくねくねしていますが、さほど運転が大変な道ではなく、迷うことも無く
景色を楽しみながらドライブできる感じ。
本当に新緑が美しかったです。

520xIMG_4233.jpg

まっすぐ向かって、だいたい1時間半。途中でちょこちょこ休憩するのも、気ままドライブのいいところですよね。さてさて、かやぶきの里の散策開始。

写真映えする景色が広がっているので、お気に入りスポットを探して、散策するのがオススメです。
と言っても、そこまで広いエリアではないので、1~2時間もあれば十分にまわれます。
お気に入りは、旧式のポストから奥に広がるかやぶき屋根の集落の風景。 そこまで遠くじゃないのですが、「遠くへ来たんだ」という感情にひたれます。
定番の写真スポットですが、ほんとうに素敵な景色なので、ぜひ一枚!

民族資料館(かやぶきのおうちの中に入れます!!)やカフェもあるので、ゆったりめぐるのも◎。
カフェ美卵(ミラン)には、プリンくんというかわいいワンコがいるんです。
※こちらは前回訪れたときに撮った写真。

520xIMG_2052.jpg

今回は、ずっと奥のキッチンでお昼寝してました。よしよししたかった。。。。。。
そうそう、ここのカフェ、手作りプリンが有名なのですが、いつも売り切れでまだありつけたことがないんです。次回こそは!!

散策を楽しんだ後は、かやぶきの里から車ですぐの、「美山町自然文化村 河鹿(かじか)荘」へ。
観光宿泊施設なのですが、露天風呂付きのお風呂(温泉ではないですが)があるので、いつもさっぱりしに立ち寄ります。

520xIMG_4237.jpg

4月から11月の土・日・祝日は、「PIZZA&CAFEカジカーノ」でおいしい石窯ピザやカレーを食べられます。ログハウスみたいな建物で、ここも写真映えバッチリ。
美山産の新鮮な食材を使っているそうです。とってもおいしい。
※ノンアルコールビールなのでご安心を^^

河鹿荘の売店では、自家製のどぶろくや地元の野菜を使った漬物など、特産品も手に入るので、お土産はここで。
なんだかほっこり、いつもと違う時間の流れを体験できる数時間。すっきりリラックスできるはず!

かやぶきの里はこちら

美山町自然文化村 河鹿荘はこちら

★★★おまけ★★★
京都へ行くと、いつもすごく探してしまう、四つ葉のタクシー。
みなさんはご覧になったこと、ありますか??
ヤサカタクシーという会社なのですが、ほとんどの車両は三つ葉。
なんと、二つ葉の車両もあるんです。
(わたし、四つ葉には2回、二つ葉にも1回乗ったことあるのです。ひそかな自慢)
もしよかったらみなさんも探してみてくださいね。

520xIMG_4248.jpg

※掲載内容は2018年6月3日現在のものです。

PROFILE

308x293-staffc.jpg

スタッフ C

アラフォー独身。車の運転はそこそこ得意。でもビールも好きなので、飲みたいときは電車やバスの旅。犬が好き。温泉も好き。カルチャーよりネイチャー派です。

COLUMN新着一覧

コーデ情報や最新トレンドのファッション情報はfacebookやメールマガジンなどでもお届けしています。