Niau[ニアウ] > ANSWER > アウターを脱いでも暖かく着映え上々。 ニットのおしゃれは引き算も大事!

ANSWER

暮らしの中のコーディネイトに関するお悩みをファッションのプロがお答えします。

アウターを脱いでも暖かく着映え上々。 ニットのおしゃれは引き算も大事!

あったかコートのインナーに、お気に入りニットを忍ばせるのが冬の最強スタイル。ただし、素材に厚みのあるアイテム同士の組み合わせなので、着こなしのバランスには気を配りたいものです。一枚で着映えする袖コンシャスな旬顔ニットは、量感が出すぎると重たく見えることもあるので、細身のパンツなどを合わせ、ボトムスのシルエットはすっきりまとめるのがポイント。逆にマキシ丈のスカートやワイドパンツを楽しみたいときは、適度なフィット感のあるリブタートルなど、トップスをコンパクトにまとめる引き算のテクニックがカギになります。

ボリュームニットとスクエアボトムスはちょっと着太り?

かわいいのだけれど、メリハリ不足の「重×重」コーデでなんとなくもったり......?

リブニットに変えてスッキリ!

腰位置高めの「軽×重」シルエットですっきり!

ウエストインで約15cmも脚長に!?

たとえば通勤コーデや学校行事など、トップスがシャツ一枚では見た目にも寒々しい冬のきちんとコーデにも、きれい見えするニットは大活躍。ウエストをインしてメリハリを持たせれば、好印象にまとまるだけでなく、すそをアウトにしておくよりも約15cmほど腰の位置が高く見えるので、自然と脚長になれるから一石二鳥です。

COLUMN新着一覧

コーデ情報や最新トレンドのファッション情報はfacebookやメールマガジンなどでもお届けしています。