Niau[ニアウ] > ANSWER > 入学・卒業式での小物のマナーを教えていただきました。

ANSWER

暮らしの中のコーディネイトに関するお悩みをファッションのプロがお答えします。

入学・卒業式での小物のマナーを教えていただきました。

マナーコンサルタント西出ひろ子先生に、お客さまからいただいた質問にお答えいただく特別コーナー。第2回目は、卒業式・入学式小物の使い方について教えていただきました。 卒業式・入学式どちらのシーンでも使えるアクセサリーについてのアドバイスも必見です。

アクセサリーの写真

---入園・入学式のときはどのようなアクセサリーが好ましいですか。

お祝いのセレモニーですので、その気持ちを表現するために、華やかさを感じさせるアクセサリーを身につけても大丈夫です。とはいえ、「清楚感」、「上品さ」は忘れないようにしてください。アイテムとしては、ネックレス・イヤリング(ピアス)・リング・コサージュ・ヘアアクセサリーで、特別な日を演出してみましょう。日中のアクセサリーはキラキラと光る素材はファッションマナーとしてNGとされているので、マットな素材を選ぶこともポイントのひとつです。パール素材の場合、ホワイトのほかに、ペールピンクやペールイエローなどを付けることで華やかさが増します。

入学式のアクセサリー

---卒園・卒業式のときはどのようなアクセサリーが好ましいですか。

基本的に入園・入学式と同じですが、卒園・卒業式のアクセサリーは、小振りのものをおすすめします。コサージュはジャケットと同系色のものを付けることで、控え目ながらもお祝いの気持ちを伝えるフォーマルさがアップします。ヘアアクセサリーも同様に、黒か濃紺がよいでしょう。ピンをさす場合は、小振りのパール付きのものでさりげなく華やかさを演出してください。このようなセレモニーの場では、ブレスレットは付けず、引き算で、賢いお洒落を楽しんでみましょう。ストッキングはナチュラルカラーのもので、柄が入っていないプレーンなタイプを着用します。清潔感、清楚感を第一に考えた身だしなみがマナーとして求められます。

卒業式のアクセサリー

---どちらのシーンでも付けられるアクセサリーはどのようなものでしょうか。

パールはどのシーンにも役立つ万能選手。おそろいのネックレスとイヤリング(ピアス)は正式さとお洒落さを印象づけます。加えてお揃いのリングもそろえておくと安心です。  また、コサージュを付けたり、立て襟や胸元にフリルをあしらったインナーやジャケットを着用の場合は、首元をスッキリとみせるために、あえてネックレスは外し、イヤリングのみにするのもおすすめです。

今回いただいたアドバイスで、今度の入園入学は乗り切れそうですね。次回は「結婚式の二次会での服装」についてお伺いした前編をお届けします。

PROFILE

PROFILE

マナーコンサルタント西出ひろ子

お客様の心理を知り尽くした営業接客マナー研修等、「形よりも心」を重視したマナーコンサルティングを展開。テーブルマナーやファッションマナーなどマナーのすべてに精通し、マナー界のカリスマとしてテレビ・雑誌などでも活躍中。映画やドラマのマナー指導・監修なども行なう。

COLUMN新着一覧

コーデ情報や最新トレンドのファッション情報はfacebookやメールマガジンなどでもお届けしています。