Niau[ニアウ] > ANSWER > 「きちんと感」の王道コーデは、この3つ!

ANSWER

暮らしの中のコーディネイトに関するお悩みをファッションのプロがお答えします。

「きちんと感」の王道コーデは、この3つ!

前回のOL アンケートでわかったオフィスウェアの優先順位。堂々の1 位に輝いたのは「きちんと感」でした。その基本ルールは理解できたものの、具体的にどんな服装をしたらいいの?というお声も。そこで今回はNiau 編集部で人気の高かった「きちんと感」コーデのベスト3を発表。着こなしのポイントも紹介します。

取引先に好印象、のお手本はこれ!

オフィスの王道コーデ

外回りの営業やプレゼン時の定番スタイルとも言うべきコーデ。基本は白シャツと濃色ボトムの組み合わせで知的な印象にまとめます。女性らしさをアピールするなら、スカートをやわらかいフレアにしたり、パールなどのアクセでフェミニン感をプラスして。きちんと見せる着こなしのポイントは、シャツをインする、ベルトなどでウエストをマークすること。さらにスカートは膝が隠れるくらいのニーレングスで、5cm以上のヒールでレングスのバランスをとること。コート必須の季節もどこかヌケ感のあるコーデを心がけたいですね。

華やぎプラスのコーデなら、オフも万全!

シャツとタイトスカートのお仕事コーデ

上半身は流行のラベンダー色のシャツを投入してキリっと知的モードに。ボトムはタイトスカートでIラインにまとめ、すっきり引き締まった印象にまとめるのがポイントです。商談時など、さらにきちっと見せたい場合は、スカートと同素材のジャケットやカーディガンを羽織ればOK。
一見、コンサバに見えがちなコーデですが、胸もとのフリルやパールアクセが華やぎ感を与え、 仕事帰りの習い事や女子会にも対応できます。オフオフィスではきちんと見えて、オフでも浮かないこんなコーデ、ぜひ取り入れてみて。

シャツ1枚で、簡単に「きちんと感」が完成。

付け衿シャツ風コーデ

通勤時、ニット1枚ではなんとなく心もとない、胸もとがだらしなく見えそう。そんなとき、簡単にきちんとした印象にまとめてくれるのが、白やブルー、ストライプなどのシンプルなシャツ。ネックからちらりと見えるカラーが効かせポイントになり、おしゃれ上級者のこなれ感もアップ。目線が上に集まり、顔色をぱっと明るく見せるメリットも。ボトムに動きやすいニット素材のパンツを合わせば、通勤や出張時もリラックスしながら仕事モードのきちんした装いが完成します。「シャツは窮屈で苦手」という方、今人気のつけ衿にトライしてみては?


そろそろ春意識とあって、Niau編集部が選んだ「きちんと感」は、シャツベースのコーデに。色もこの春夏人気のブルー系、モノトーン系が中心となりました。どうしても辛口&コンサバに走りがちな「きちんと感」コーデですが、胸もとに華やかなアクセサリーや明るい色柄のスカーフなどをプラスして女性らしいコーデを心がけて。

COLUMN新着一覧

コーデ情報や最新トレンドのファッション情報はfacebookやメールマガジンなどでもお届けしています。